題字 (書)Junko

楽暮(らぼ)プロジェクト(宮城にAACとATを広める会)

第17回楽暮プロジェクト・セミナー 2019.9.8(日)⇒ [詳細案内ページ]

「肢体不自由児のデキルを活かすICT・ATの活用
〜シンプルテクノロジー、iPad、視線入力〜」

講師:福島勇(福岡市立今津特別支援学校)

Yahoo!検索

楽暮プロジェクトは,コミュニケーション支援に関する情報交換の場です.障害等のために生ずるコミュニケーションの困難さを技法・技術・道具等を利用して解決するための情報交換を行っています.月例会とイベントを開催し,実践の紹介,セミナー,支援機器の紹介,おもちゃの改造やスイッチの製作会などを行っています.宮城県を中心に活動しています.

【メーリングリストへ登録希望の方】は、以下にメールアドレスを入力してください。承認後に参加となります。

【メニュー】  [会の紹介と入会案内]  [活動報告]  [支援の七つ道具]  [資料]  [変更記録]  [リンク]

更新情報
2019.8.18
第17回セミナーの実践報告の更新
2019.7.9
月例会(7月)の報告
2019.6.1
月例会(6月)の報告、月例会(7月)の案内
月例会(5月)の報告、月例会(6月)の案内
第17回セミナーの案内ページ公開
2019.4.6
月例会(4月)の報告、月例会(5月)の案内

お知らせ
◎楽暮プロジェクト・セミナー(2019年9月)の案内 → [詳細案内ページ]
【日時】
令和元年9月8日(日)10:00〜15:00
【場所】
仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
【内容】
  1. 講演:
    肢体不自由児のデキルを活かすICT・ATの活用
    〜シンプルテクノロジー、iPad、視線入力〜
    [講師] 福島勇(福岡市立今津特別支援学校 教諭)
  2. 実践報告:
    1. 遠藤美幸(宮城県立迫支援学校 教諭)
      「宮城県立迫支援学校のICT利活用実践紹介
      〜@MIYAGI Styleの取り組みから〜」
    2. 金澤公顕(仙台市立鹿野小学校 教諭)
      自閉症児へのiPadを用いた音声コミュニケーション導入
      〜安心してやり取りを楽しめるように〜
      (魔法のダイヤリーの取り組み報告)
    3. 森下竹志(仙台市立鶴谷特別支援学校 教諭)
      知的障害児へのiPadを用いたコミュニケーション支援
      〜安心して人前でも話ができるように〜
      (魔法のWalletの取り組み中間報告)
◇月例会(2019年7月)の報告
【日時】
令和元年7月7日(日)13:30〜16:00
【場所】
東北福祉大学 国見ケ丘第1キャンパス 実学教育棟(喜心寮)(マップ5番:西門から入る)
【参加者】
5名(内ネット参加1名)
【内容】
  1. 一言発言
  2. スイッチ対応水やり装置:(1)改造電動スプレー (2)改造電動ポンプ(竹島)
改造電動スプレー 改造電動スプレーのジャック部 改造電動ポンプ 改造電動ポンプのジャック部
●今後の予定
2019年(平成31年・令和元年)
  • 4月 6日(土):月例会(仙台高専)←終了
  • 5月12日(日):月例会(東北福祉大学)←終了
  • 6月 1日(土):月例会(仙台高専)←終了
  • 7月 7日(日):月例会(東北福祉大学)←終了
  • 9月 8日(日):楽暮プロジェクト・セミナー(講師:福島勇氏、仙台市市民活動サポートセンター)
  • 10月 5日(土):光明支援学校秋祭り(光明支援学校)
  • 11月10日(日):月例会(東北福祉大学)
  • 12月14日(土):月例会(仙台高専)
2020年(令和2年)
  • 1月12日(日):月例会(東北福祉大学)
  • 2月 1日(土):月例会(仙台高専)
  • 3月 1日(日):月例会(東北福祉大学)

関連イベント・セミナー情報
2019年(平成31年・令和元年) 2020年(令和2年)
edited by H.T.