ホーム活動報告資料リンク

楽暮プロジェクトの紹介と入会案内

 楽暮プロジェクトって何?
障害者とのコミュニケーション技法であるAACとその支援機器であるATについての情報交換の場です. 障害があっても「楽しく楽に暮らせる社会を目指す」ということで『楽暮プロジェクト』と名付けられました.
 何をするの?
月例会とイベントを開催します.そこでは,実践の紹介,セミナー,支援機器の紹介,おもちゃの改造やスイッチの製作会などを行います.宮城県を中心に活動します.(これまでの活動)
 参加資格は?
AACやATに興味のある方であればどなたでも参加できます. 現在,養護学校教員,リハビリテーション専門職,技術支援者,支援機器開発者,障害者の家族,福祉施設職員などが参加しています.
 会費は?
不要です.
 入会するにはどうするの?
月例会に直接来るか,メーリングリストにご参加ください.メーリングリストへ登録希望の方は、以下にメールアドレスを入力してください。承認後に参加となります。
 誰が運営してるの?
事務局
伊藤あづさ(ぶれいん・ゆにーくす)
小野寺淳子(宮城県立小松島支援学校):会計
川住隆一(東北福祉大学教育学部):顧問
白澤利広(仙台市立鶴谷特別支援学校)
先崎智(仙台市立小松島小学校)
竹島久志(仙台高等専門学校):代表
廣島利夫(仙台市立大沢中学校):事務局長
 会則はありますか?
会則はこちらです→[会則(PDF116KB)]

Updated at 2016.8.29 by HT